2016年度より、文化庁補助事業として採択され活動を開始した「市(いち)プロジェクト」の取り組みの紹介と、活動の報告を行うWEBサイトを公開しました。

山形市の中心市街地は、七日町や十日町など、かつて定期的に「市(いち)」がひらかれていた市日を町名として残し、戦後は百貨店が立ち並ぶなど、古くから物流・交換の拠点として賑わってきた場所です。本プロジェクトでは、古くから〈市の街〉として栄えてきた中心市街地の文化資源を観光客や市民が「鑑賞」するだけでなく、意欲的に「消費」するエリアとして再活性化していくことを目指し、東北に根ざした活動を行う生産者、市民キュレーターや地元クリエーターらとともに活動をはじめました。
今後もWEBサイトを通じてその取り組みを発信してまいります。

東北芸術工科大学地域連携推進室